Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

海外

ポーランド・Skraベウハトゥフのユニフォームのかなり突飛な仕掛け

photo by FIVB 前回告知した通り、今回も面白いユニフォームを紹介していこうと思います。 今日はポーランド屈指の強豪、Skraベウハトゥフです。 ポーランドのヴラズウィにヴィニャルスキ、クウォスにセルビアのリシナツ、アルゼンチンのコンテ、ウリアルテ…

ポーランド新昇格チーム、ベンジンのユニフォームが完全に大阪のおばちゃんな件

大阪のおばちゃんといえばね、ちょっとGoogle画像検索の画像を載せてみますけど、派手な虎柄やヒョウ柄のシャツを着てやたらぐいぐいくるというイメージです。そのイメージというのもメディアによって過剰に脚色されたステレオタイプだとは思いますが、その…

2014世界選手権決勝ポーランド-ブラジルのレビュー

Photo by FIVB 今日は世界選手権決勝、ブラジル対ポーランドのレビューをしていきたいと思います。 動画を見ながら講釈垂れたいところではありますが、残念ながら今大会のフル動画は、著作権者によって軒並み削除されているんですね。当然といえば当然ですが…

探せ!ド派手なバレーシューズin世界選手権2014

シューズ関連の記事を書いてくれという要望は結構あるので、今回の大会では少し注目してみていました。 というわけでちょっと派手目なシューズを履いている選手をピックアップして、いったいなんというモデルなのか調べてみました。 ヌガペットのスイカシュ…

カメルーン喜びの舞

バレーボールって楽しいよね。1試合に何度もみんなで喜ぶチャンスがあって、バスケみたくすぐ次のプレー始まらないし、目と目を合わせて喜べる。 今大会のカメルーンも大会を十二分に楽しんでいた。 日本を去ったエンダキさんも健在。 ウォームアップも楽し…

フランスに学べ

photo by FIVB 2014世界選手権はポーランドの優勝で幕を閉じた。Waves of fans are outside Spodek Arena! Just see how people are many are outside. #FIVBMensWCH pic.twitter.com/4J3FgCb36F— FIVB Volleyball (@FIVBMensWCH) 2014, 9月 21 会場の外に40…

2014世界選手権 私選ベスト6

もうすぐ決勝が始まってしまうので、その前に3決見ながら書きました。 決勝が終われば、公式のベスト6も出てしまうでしょうから、その前に書いてしまいたかったので。 大会通じての個人的ベスト6ということで、必ずしも最終結果とは一致してないです。決…

チャレンジシステムもつらいよ

決勝はブラジル-ポーランドに決まり、2006年の決勝と同じ対戦となりました。 地元ポーランドと4連覇のかかるブラジルの対戦は、盛り上がること間違いなし。 やはり見どころ的にはポーランドのイケイケサーブをブラジルがどこまでルーカスに供給できるのか、…

イランに見る楽しいプレーの強さ

2014世界選手権inポーランド、各グループ4戦を終えた。 特にプールDは予想通りの混戦プラス、プエルトリコのイタリア撃破も相まって、フランス、イラン以外のすべてのチームに勝ち上がり、そして敗退の可能性がある非常に難しい状況になった。 そもそもこの…

世界選手権出場各国のユニフォームサプライヤー調べてみた

photo by FIVB世界選手権絶賛開催中です。イランの強さを前にすると、イタリア、アメリカに勝ったことより、フランスに負けたことのほうが番狂わせと思ってしまう今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか。 まだまだ序盤戦ですのでね、徐々に観戦ペースも…

サッカー・ドイツブンデスリーガの練習場にはビーチバレーコートが結構ある件

アメリカ大手IT企業の本社にはだいたいビーチバレーコートがある件 - Stay Foolish に続くこんなところにビーチバレーコートシリーズ第二弾。 きっかけは月バレでも連載を持っているジャン・ルカ・パシーニ氏の書いているブログ、Dal 15 al 25で見かけた記事…

モデナ、日本への興味

中央大学のセッター関田君がセリエA名門のモデナに行くというニュースがありましたが、さっそくガセだったことが確定しました。しかしながら、どうもまだ日本絡みのニュースが待っている気がします。 WorldofVolley :: ITA M: DENIAL – Modena did not sign …

ポーランドでバレーボール映画『Drużyna』公開

ずっと前から気になっていたポーランドのバレーボールドキュメンタリー映画『Drużyna』(ドルジーナ)が8月8日、公開となったようです。もちろん日本では見ることはできませんが。 ドルジーナは男子ポーランド代表チームにスポットライトをあてた密着ドキュメ…

ジバにさよならを

2014年8月1日。ジバがブラジルの有名なニュース番組「ジャーナルナシオナル」で引退を発表した。 Jornal Nacional - Giba, um dos maiores jogadores de vôlei de todos os tempos, decide parar photo by FIVB80年代を代表する選手をカーチ・キライ、90年代…

リオ五輪のバレー予選プロセス調べてみた

リオ五輪開幕まで約2年ということでちょっと調べてみました。 ググってみると、FIVBやリオのほうではそこまで詳細なシステムは出ていませんでしたが、NORCECA(北中米バレーボール連盟)にこのような資料が。 http://www.norceca.net/2014%20Events/WORLD%20Ol…

プロバレーボールノマド

photo by FIVB 果たしてフレデリック・ウィンタースよりも多くの国でプレーしたことのあるプレーヤーがいるだろうか。 いるかもしれないが少なくとも私は知らない。 NORCECA Preview - Fred Winters - YouTubeウィンタースはカナダ代表のキャプテンであり、…

やっぱり勝ち点制はおかしい

New ball and extensive use of technology to raise profile of Europe’s elite competition - CEV 欧州最強のクラブを決める今年度のCEVチャンピオンズリーグのレギュレーションが発表された。 特筆すべきことの一つは、以前から発表されていることだが、…

イランのバレー観戦は女人禁制

イタリアで開かれているワールドリーグファイナルの録画をlaolaで見ていたら、こんな場面があった。 女性がメッセージの書かれた横断幕を挙げていたのだが、その横断幕をよく見ると、 MR ARI GRACA, We, Iranian Women, need your help to enter our stadium…

Mamma Mia!

サーブなしで始まるバレーボールは存在しない。そして、サーブはすべて自身のコントロール下で行える唯一のテクニックである。 自分自身を信じなければ成功することはできず、その信じる気持ちも完全に自身のコントロール下にある。 カーチ・キライ 2014-07-…

アウトドアでインドア

以前、広島に屋外バレーボール場があると書いたこともありましたが、そもそもバレーボール発祥40年前後まではバレーボールも外でやるのが当たりまえのスポーツでした。 バレーボールの国際大会で最も古い歴史を持つ世界選手権も1949年、1952年大会は屋外での…

Twitterフォロワー数で決めるベスト6

サッカーW杯をTwitterで楽しむ 世界で話題の「Twitterベストイレブン」のメンバーは? - ITmedia ニュース Twitterで #ワールドカップ を楽しもう | Twitter Blogs こちらの記事に触発されまして、バレーボールでもやってみようと思います。 とは、いっても…

2014ワールドリーグプレビューその1

あっという間にワールドリーグも今週開幕。 今年は参加チームを増えて、形式も複雑極まりないものになりました。 プールによって、やらない週があったり開幕が一週遅かったり、はやかったりするので注意しましょう。 まあ、このスケジュール表を押さえておけ…

バレーボール選手ももっと動画を作ったらいいんじゃない?

若干今更になってしまうのですが、またルーセラーレの話です。 ルーセラーレに何が起きているか - Stay Foolish とはいえ、今日はバレーボール自体の話ではありません。 前回の記事中でも、ルーセラーレのプロモーションビデオがおもしろいと書きましたが、…

アル・ラッヤンに見る「個」のチームの是非

photo by FIVB 先日のクラブ世界選手権は、欧州王者であるロシアのベルゴロドの優勝で幕を閉じた。 このクラブ世界選手権で大きな話題となったのが、準優勝したカタールのアル・ラッヤンというチーム。 まあいつもの事なのだが、今回はこの大会の為に、ブル…

名選手即監督、名監督になるか

photo by FIVB ここへきて、引退した選手がそのまま監督になるという事例がいくつか続いているので、そのことについていくつか思いを馳せてみたい。 まずは一番身近なところではパナソニック川村選手の監督就任。南部監督が全日本に栄転ということで、フロン…

そりゃ選手寿命は伸びてるけどさ、という話

ベルリン・リサイクリングバレーの指揮をとるオーストラリア人、マーク・レベデフのブログ、At Home On The Courtは私のブログの目指すべき方向性を示してくれるブログの一つです。やはりうちのブログの真面目な側面では彼のような記事を書けるようになりた…

ステファンに捧ぐうた~ブエビッチ、セリエA決勝へ~

以前、スウェーデンのグスタフソンの記事を書いたとき、グスタフソンは私の好きな選手ベスト3に入る、と書いたが、ゴラン・ブエビッチもその中の一人だ。 ユーゴスラビアがシドニー五輪を獲ったときのアウトサイドヒッター。ブエビッチとグルビッチ兄のレフ…

海外女子バレーチームでスコートがちょっと流行ってきてる件

昨年あたりから、世界的にそういう兆候が強くなってきています。 もちろん主流になってきているとかそういう話ではないのですが、いろいろな国のリーグでスコートが見られるようになってきました。 僕の記憶が確かなら、この流行の最初は2011年にロシアのウ…

2014CEVチャンピオンズリーグ決勝レビュー

欧州最強のクラブを決める2014CEVCLはロシアのベルゴリエ・ベルゴロドの優勝で終わった。準優勝はトルコのハルクバンク。 とりあえず動画を。 ラオラでも見ることができる。 VIDEO/FINAL-HALKBANK-ANKARA-BELOGORIE-BELGOROD | LAOLA1.tv 画質はラオラのほう…

実際、世界一の最高到達点ってどれくらい?

若い時分は最高到達点がバレーボール選手で一番大事な数字だと思っている時期もありました。 やっぱ中学生くらいだとね、そういうことできゃっきゃ、うふふしちゃうんですよね。 もちろん重要な一指標であることはまちがいないのですが、結構サバ読んだりし…