Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

異種混合バレーボールはできるのか



ロンドンまであと3日ばかしと迫ってきました。
さて、現在オリンピックに出場する唯一の人間以外の動物といえば、乗馬(+近代五種)の「馬」なわけですが、あと15大会、60年後くらいにはいろんな動物が人間のパートナーとしてオリンピックに出場するんじゃないかと妄想しています。たとえば、フリスビードッグ。人が投げたフリスビーを犬がキャッチするというヤツですね。詳しい事情まではわかりませんが、世界選手権ヨーロッパ選手権などもあるみたいなので、あながちない話ではないのではないかと。


もちろんそうなると、妄想しちゃうわけですよ。
人獣混合のバレーボールを。
男女混合さえ話題にもならないのに、そんな大それたことを、とおっしゃるかもしれませんが、実際今ある球技でヒト以外の動物が出来そうなものってバレーボールくらいしかないわけです。ボールを落とさなければ良いわけですから。実際、サッカーができる犬とかネコなんかもいることはいるんでしょうが、僕に言わせれば前足とはいえ、あれは手。ハンドなわけです。意外と細かいところを気にしちゃうんです。道具を使うスポーツなんかもできませんし。


ヒトとイヌのコンビでビーチバレーとかなんとなく出来そうな気がしちゃいます。
こういう動画を見るとそれもそこまで夢じゃないかなと思っちゃうわけです。



以下の動画はうまく編集していて、まさにそれっぽく見えます。イヌに2本目を
お願いすればそれなりにそれっぽいラリーになると思うのです。

ここまでできたらちょっと気持ち悪いですけど。


まぁ、別にイヌじゃなくても良いわけです。頭の良いイルカでもうまく出来るかもしれません。猿なんかでも出来そうな気がします。