Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

目指せ!リカルド、グルビッチ。次世代を担う若手セッター五選



11月も終わっちゃうし。なんか書いとかないと。
この中に来年グラチャンあたりに来るセッターはいるだろうか。

チマフェイ・ズコウスキ(クロアチア) 23歳

すでにクロアチアナショナルチームのセッターも務めるズコウスキ。2年前からイタリアに渡り、研鑚を積んでいる。


白チームセッター


ファビアン・ジズガ(ポーランド) 22歳

個人的にジズガというカタカナ表記にあまりしっくりきていないのだが(DRZYZGA)、まぁいいだろう。
ポーランドで一番期待されてる若手セッターがこのジズガ。

ミハイロ・ミティッチ(セルビア) 22歳

すでにオリンピックのメンバー入りも果たしているし、今年のチャンピオンズリーグにも出ているし、この中では一番出世スピードが速いともいえる。まだセルビア国内にとどまっているが、トップリーグへの移籍となるか。

赤白縞チームセッター

ニミル・アブデルアジズ(オランダ) 20歳

まだまだ荒削りであるが、もうちょい経験積めば面白いセッターになりそうな予感もする。

オランダ1番

ムリロ・ラドケ(ブラジル) 23歳

いまいち、若手が出てこない感じのブラジルのセッター陣なんだけど、たぶん期待されてるのはこのムリロ・ラドケ。
ブルーノもまぁ、まだ若手といっていい年齢なので、レゼンデがいる間は難しいかもね。