読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

ブッフォン現る?



先週のイタリアセリエA、ピアツェンツァ-マチェラータ戦。
そのコートにジャンルイジ・ブッフォン?が現れた。ちなみにブッフォンとは、世界を代表するサッカーのゴールキーパー
2006W杯を制してるし、ご存じの方は多いはずだ。
ジャンルイジ・ブッフォン - Wikipedia


しかしこのブッフォン、さすがに小さすぎる?隣のズラタノフと比べると、さすがにこれでは小さすぎる。本物のブッフォンは191cmあるのだ。
そろそろ、ネタばらし。今日はピアツェンツァのリベロ、マッラがブッフォンのユニフォーム着て試合に出ましたよ、というお話。


先週の水曜日あたりだったか、ピアツェンツァのシモン(あのシモンですよ、シモン)がユベントスが好きだということから、シモンとブッフォンの会談が実現。これはユベントスのほうでもニュースになっている。
VOLLEYBALL.IT - Piacenza: Simon incontra Buffon (Juventus) - VIDEO
背番号1の縁:ユヴェントスF.C.公式サイト
ちなみにユーベの公式の『背番号1の縁』というのはガセ。シモンが1つけたことたぶんねーし。


おそらくここでユニフォームを交換したことから、そのユニフォームでなんかしたい。じゃあチームで一人だけ違うユニフォームのリベロが着ればいいんじゃねという結構思い切った発想。マッラの普段の背番号が1というならまだしも、3なのに着ちゃうという無理やりぶり。よく主催側も許可したものだ。


しかもこのマッラ、途中で負傷退場してしまい、控えリベロとして出てきたラテッリはもともと背番号1というややこしさ。1→1の選手交代。選手変わったのにリベロは『1』のまま?というめんどくさいことこの上なくなった。公式記録の人とかチームのスカウトマンさんの苦労が思いやられますな。


まぁ、でもこういう企画はおもしろくていいですな。たとえば、FC東京がサッカーのF東京ユニ着てみたり、パナソニックがガンバのユニ着てみたり、サントリーサンゴリアスのユニ着てみたり、豊田合成がハンドチームのユニ着てみたリ、JTカープのユニ着てみたり、いろいろみてみたいものですな。