Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

24なんて大して若くもない



日本は24歳の八子(JT)が先発に抜てきされ、13点を挙げた。  
バレー日本、サトウ監督初戦黒星 男子ワールドL - 47NEWS(よんななニュース)

越川 今年で24歳でしょ? 今の合宿に来ているメンバーの中では最年少だけど、オレはその歳で北京五輪に出たんだよね。そう考えると対して若くもないんだよ。
越川&千々木が語る全日本男子バレーの今|コラム|バレー|スポーツナビ

ちょっとこの辺の記事で思うところがあったので、ちょっと1990世界選手権決勝イタリア対キューバを見てみましょう。


中継は日本語実況、解説辻合氏なので、飽きずに楽しめると思います。


何が言いたいかといえばね、この両チームのスタメン、そしてその時点での年齢を見ていただけるとわかると思います。

若い!両チームとも平均年齢は24.8歳。しかも数え年なので、もう少し若くなる可能性があります。中継ででる表示は間違いもあるのであしからず。
ベルナルディなんて22であの老獪さをすでに身につけていらっしゃったんですか…
デスパイネなんて24であの頼りがいのある選手だったんですか。
しかし、レオンが出てきて以来、どんな話でもたいした話に聞こえなくなってしまうのですが。


ただこの時代は、当然のことながら、15点サイドアウト制で1試合がめちゃくちゃ長いので、消耗も激しいため引退する年齢が若かったんですよね。30代中盤なんてほとんど見ることはありませんでした。


ルールも違うし、環境も違っているので「最近の若いもんは」というつもりはありませんが、こんな歳ばかりのチームで世界一を争っていた、ということは若い選手にも知っていてもらいたいことだとは思っています。


体格で海外の選手に劣るのはしょうがありません。
ただ、現状でもトップレベルに参戦する年齢でさえ、遅れをとっているという点は自覚して、日々を過ごしてほしいと願うばかりです。
もちろんこれはシステムの問題でもあるのですが、選手がその遅れを少しでも取り戻そうとバレーボールと真剣に向き合えば、まったく埋められない差ではないと思うのです。