Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

いろんなバレーボールを見てみよう-その2・ニューカムボール



ニューカムボール(Newcomb ball)の語源はチューレーン大学のソフィーニューカム校でおこなわれていたことから。
発生時期はバレーボールと同時期、しかもバレーボールの発展に影響を及ぼしたと論じている人もいるようなので、バレーボールの亜種というよりは双子に近い存在なのかもしれません。長い歴史を持つスポーツです。
どうもyoutubeあたりを巡ってみるとイスラエルあたりで多くやられているようです。

基本的なルールは「ボールを持っていいバレーボール」。
レシーブはキャッチで、相手に返すのも投げないといけません。基本的にはボールは持ったらすぐ出さないといけないようです。
そういえば、吉原さんが「ようこそ先輩」でやってたのもこんな感じじゃなかったでしたっけ?
迫力の面で少しもの足りなさは感じますが、バレーボールの導入や運動量の少なさという面では、もっと普及してもいいのかもしれません。
動画を探してみてもご婦人がやられているものしか見つかりませんでしたし。


貼っている動画はかなりレベルが高いゲームなのですが、相手に返すふりしてパスだとか、バスケ風のターンで使ってブロックをかわしたりと、戦術的な幅もあるので、意外とやってみると楽しいでしょうね。
バレーボールってやっぱりパスがうまくできなくて…って部分で離れてしまう人も少なくはないでしょうから、生涯スポーツとして日本でも見られるようになってもいいかもしれませんね。


スペイン語圏ではcachibolの名前で結構普及しているらしく、実は世界的なスポーツだったりします。