Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

現役バリバリのアンティガ、ポーランド代表監督になる




なかなか面白い事態になりました。
今秋のヨーロッパ選手権で9位に甘んじたポーランドは、先日アナスタージを更迭。後任が誰になるか、なかなか注目されていました。
ヴェラスコ、コンスタンチノフ、ガイッチ、ナウロツキ、ウェベルにモクレスク、マッカーチョンにホーグあたりが名前に挙がったとの噂もありますが、最終的にはステファン・アンティガに決定というリリース。

Stephan Antiga selekcjonerem reprezentacji Polski mężczyzn - Polski Związek Piłki Siatkowej



ご存じの方も多いでしょうね。あのフランスのアンティガです。


この話のどこがおもしろいのかといえば、まず一つめはアンティガがまだ現役バリバリの選手だという点。
監督経験はおろか、コーチ経験すらない選手をいきなりナショナルチームの監督ってのはすごい決断。
今シーズンが終われば引退するのでしょうが、普通に今クラブではスタメンなんですけど…
ファラスカですら、なんやそのギャグと思ったのにナショナルチームて。


二つ目は、アシスタントコーチにフィリップ・ブランが就任するということ。
アンティガは数年前までフランス代表の選手でしたが、その時の監督がフィリップ・ブラン。
要するに言ってみれば弟子が監督で師匠がアシスタントコーチ。
たぶんFIVBの仕事とか忙しいからこういうことになったんでしょうが、最初からブランでよくね?という…


例えるならそうですねー。
まだ10年前と仮定して、サッカー日本代表の監督に選手のストイコビッチがなって、しかもコーチがオシムみたいな感じでしょうか?そんくらいのインパクトです。
あえてバレーで例えるなら、極端に言うとダンテが全日本の監督になってレゼンデがコーチでくるみたいな?極端に言うとね。


というよりこのタイミングで監督を変えるポーランドもなかなか恐ろしい。
たぶん、ファンの目も世界で一、二を争うくらい肥えてるでしょうから、なかなか大変です。
アナスタージだって、去年ワールドリーグとったのに。そこに来てアンパイではなく、この決断ですからねぇ。
こういうの見てると、日本て今後どうなっていくんだろうと思うとちょっと心配になりますわな。