Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

暑すぎる監督ヴェルチェージ



タイトルは誤字じゃないです。わざとです。
基本的に男子専門でやってきた当ブログですけど、そろそろね守備範囲を広げて、2014年は女子の事もちょこちょこやっていこうかなと思っています。PV的にもね...ボソッ...
女子も昔から一応見てはいるんですけど、試合終了まで集中力があんまり持たないことが多いんですよね。あーもういいやー、みたいな。
とりあえず割合的には9対1とか9.5対0.5とかそんな感じかなと思いますけど。


というわけで今日はアゼリョル・バクーのヴェルチェージ監督をちょこっとご紹介していきたいと思います。
井野選手(諸事情で帰ってこられたそうですが…)の今年のチームの監督ということになります。
ブラジル人であるヴェルチェージ監督は御年47。30で選手を引退してからブラジルのチームでコーチ、監督をした後、2005年にブラジル女子にコーチとして入閣。1年やった後ギマラエスの後を引き継ぐ形でイタリアのペーザロで監督。どうも専門分野的にはフィジカルの人みたい。今年からはアゼルバイジャンのアゼリョル・バクーで監督をしておられます。
ペーザロにいたころから、なんだこの暑苦しいオッサンは。と思っていましたが、この動画を見て記事にしてみようかと。

オッサン、熱すぎるやろ…
ラリー中に右下でちらちらしてる時点でかなり暑苦しいわけですが、最後のこの落ちですよ。


たまには熱くなりすぎてこういうこともあるかも?ですって?
いやいや、この動画を見たら、そんな言葉は吹っ飛ぶこと請け合い。www.youtube.com

コントかよwww吉本新喜劇をも上回るこの躍動感とお約束感。

高松ェ…

袖まくり。それはいわば暑苦しいやつの代名詞なわけです。
若き日の清水(最近しないから逆にいけないんですかね)、神田に高松etc。
それをまさか監督がするなんて思いもよらないわけです。
監督といえば、知将、冷静なんて言葉が先に思い浮かびますからね。


http://www.danilobilli.it/solovolley/ARCHIVIO/solovolley/immaginigenerali/PROVAa.jpg


http://www.worldofvolley.com/sw4i/thumbnail/1.jpg?thumbId=191821
暑すぎるぜ!ヴェルチェージ!


これは極端だとしても、やっぱり女子の監督ってこういうタイプの方、結構多いような気がします。
日本でもね、相原、伊豆丸を上回るパフォーマー監督がもっと出てきてもいいと思うわけです。


(追記)
ヴェルチェージは後にクロアチア女子の監督に就任。きっとまだまだ暑い姿を見せてくれると思います。