読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

お正月から2014世界選手権ヨーロッパ予選




2014世界選手権予選選出プロセス(pdf注意)
2014 FIVB World Championship - European Qualification MEN
まだまだ三箇日なわけですが、今日から2014世界選手権ヨーロッパ予選の最終ラウンドが始まります。日本が出場権を逃した、あれのヨーロッパ版ですね。まったくお正月からバレー選手も大変です。
しかも、来週はCEVチャンピオンズリーグプレイオフですから、日程が逼迫しているにもほどがあります。


ポーランドで開かれる2014世界選手権には、ヨーロッパから開催国ポーランドを含むと、9チームが出場することができます。すでに開催国のポーランド、昨年のヨーロッパ選手権で上位2チームであるロシアとイタリアが出場を決めていますから、今回はそれ以外の6つの枠を競うことになります。もうちょっと枠があってもいいと思うんですけどねぇ。
ヨーロッパ予選はやはり世界の中でも屈指の厳しさです。


選手たちも年末年始は事前合宿をしていたことでしょう。
まぁ、それは日本の高校生も同じことでしょうがね。


各プールの1位5チームと、一番いい結果の2位チームの計6チームが本選に進出となります。となると1セットも気を抜けない試合が続くことになります。また、実力が拮抗しているグループだと、2位上がりもなかなか難しい状況になること思います。
というわけで、各プールにコメントつけていこうと思いますけど、つまらん人にはつまらん話ですからね、たたんでおきます。
簡単に予想だけ。
予想は

プールI ブルガリア
プールJ セルビア
プールK ドイツ
プールL フランス
プールM スロバキア
ベストセカンド ベルギー

プールI(ブルガリアチェコ、オランダ、キプロス)

ブルガリアは直前の練習試合でロシアのクラブにも負け、トルコにも負け、スクリモフもけが疑惑ありますし、若干怪しさを残します。ジェコフが戻ってきたからじゃね?と思うのはここだけの話。まぁ、それでもなんだかんだ言ってもソコロフでなんとかなっちゃうんじゃないかなぁ。
チェコは世界ランクではオランダよりは上なものの、今の地力ならオランダの方があるんじゃないかなという感じ。やはりセッター、ティハチェクがいないのがでかい。
オランダは直前の親善試合ではフランスといい試合と結構仕上がっている感。コーイとラウヴェルディンクの対角はなかなか面白そう。
キプロスはちょっとわからない。

プールJ(セルビアポルトガルスロベニアマケドニア)

ここではセルビアは堅いだろう。ヨボビッチ、リシナツももうすっかり一線級といった感じだし、出るかわからんけど、パリのイヴォビッチもフランスでは屈指のサイドになりつつある。まぁ、ここで負けるとは考えづらい。
ポルトガルはやっぱりオポがちょっと計算できないというのが課題だろう。ジョアン・ジョゼとかガスパル・ウーゴとかその辺のベテランが頑張れば、なんとか行けるか。
スロベニアはパイェンクいないし、ウルナウトもダメくさいし、ちょっとここではきついか。緒戦のスロべニア-ポルトガルが2位を決めよう。
かといってマケドニアのジョルジエフもなかなかやりおるし、マケドニア-スロベニアは意外とわからんかも。

プールK(ドイツ、トルコ、エストニアクロアチア)

実績で言えばドイツが一個抜けてはいるんだけど、トルコも事前にブルガリア破ってるし、ザニーニが指揮をとっている上澄みというのはあるかも。若い選手が結構入っているし、今後もヨーロッパシーンを沸かせる存在となろう。
クロアチアもオムルチェン(JT)、チュク(元豊田合成)がいるのでちょっと応援したいし。
ドイツはセッターに若干不安は残るものの、そろそろヘイネンのバレーも定着しつつあるし、グロゼル、ショップスがいれば、そんな大崩れってことはないと思う。

プールL(フランス、スペイン、ベルギーベラルーシ)

ここが一番きついんじゃないかなぁ。フランスに分があると思うんだけど、ベルギーも最近いいし、ベラルーシも侮れない。
フランスもオポが若干層薄め。ルルーをオポにしたらたぶん強そうだけど。
ベルギーはワールドリーグも出るし、モチベーションも高そうなのだが、けが人が多いと聞くので、若干厳しいか。ベラルーシもアフレムだけではなぁ。スペインは最近見ていないのでわからないのだが、エルナンおるし、ロドリゲス戻ってきてるし、そこそこやるかも。

プールM(フィンランドスロバキア、ギリシャ、ウクライナ)

ここも読めないなぁ。
フィンランドはオイヴァネン不在がどこまで響くか。まぁ、ワールドリーグでもシヴーラオポが多かったけど、今のアルカスのシヴーラ見てるとなぁ。
そう考えると、なんとなくスロバキアの方が状態がいい気もする。グリネッリ効果もあるだろうし、ディビシュ帰ってきたし、1位もあるわなー。
ギリシャはジュリッチがどこまでやれるかにかかってくるが、そこまで圧倒的な選手ではないし、3試合と考えるとやはり厳しいか。