読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

イランの監督、ベラスコからベルナルディに



(3/12追記 ベルナルディはガセでした。交渉はしたみたいですけど。
ここまで)

        • -

世界は回り続ける


唐突な解任ながら、用意周到とも思わせるゲーリーの解任、南部監督の就任のニュースが流れるなか、同じくイランでも監督交代が決まりました。


2011年に就任以後、ワールドカップでも好成績、ロンドンは惜しくも逃すも、アジアでは負けなし。昨グラチャンでもあわや表彰台の大活躍のベラスコイランでしたが、ベラスコの退任と相成りました。
どうやらベラスコは男子アルゼンチンの監督となる模様です。


ベラスコがどうやらイランを辞めて、アルゼンチンの監督になるかも、というニュースが流れたのは大体先週の今頃くらい。
当初はイラン協会は否定をしていましたが、フェイスブックの「ベラスコ残って!」というコミュを協会ツイッターが宣伝するという、なんともな状況を見るに事態は相当来てるなと思っておりましたが、やはりといった感じに落ち着きました。ベラスコももうお年ですし、母国で仕事したかったのでしょうか。
そのコミュはいまや20000人以上のいいね!を集めており、ベラスコがいかにイラン国民に愛されていたかがうかがえます。
We want velasco to remain as Iran's coach


で、昨週末にイラン協会がベラスコに変わる6人の候補者として、アメリカで外人監督として金メダルを成し遂げた「元象印」マッカーチョン、一度外国人監督に替えられながら復活を果たした「カザンの王」アレクノ、ポーランドで成果を上げている「20世紀最高の選手」ベルナルディ、今は無職、スペインのユーロ制覇はお見事だった「忘れたころにやってくる」アナスタージ、アルゼンチン人、セリエAで優勝とベラスコと条件が似ている「怒れる小人」ロサノ、御年68歳「プロフェッサ」プランディが挙げられました。
いやいや、もうほんとイランは世界のトップチームですよ、えへん。という感じのラインナップです。
結果を出すなら、これくらいしなきゃダメでしょというイラン協会の強い意志が感じられます。どこかの国もこれくらいやってくれたらすごくわくわくできるのですが…


ニュージーランド人とはいえ、ほぼアメリカの監督であるマッカーチョンをイランが監督にするわけはないし、アレクノがイランに来る理由がないし、プランディは年とりすぎだし、ロサノはほぼ隠居だし、ベルナルディはまだ実績という面で劣る部分があるので、アナスタージかなぁと思っていましたが、どうやらベルナルディで決まりそうです。
Iran Volleyball Federation reaches agreement with Bernardi, Official says
ベルナルディと基本合意には達したというニュース。


イタリア人、ロレンツォ・ベルナルディはわずか16歳でセリエAのロースター入りを果たし、長いことイタリア代表のサイドを担ってきたレジェンド。引退後はパドヴァの監督を経て(越川選手ともやってます)、ポーランドのチームを率い、今年はチャンピオンズリーグでもよい成績を納めています。

推測ですが、ベルナルディは確かに実績という面ではほかの候補者よりは劣りますが、ベラスコの系譜をひいているいる指導者という面が大きいのだと思います。ベラスコがイタリアを率いて、強かった頃のエースですから。ただベルナルディはどちらかといえばバニョーリの方が影響強い気もしますけど。
そもそもなんでこの候補者の中にイランのクラブで監督してるバニョーリが入ってこないのかは謎ですけど。


とにかく、アジア最大の壁イランがどのように変わっていくのか、もちろん今以上強くなるかもしれませんし、やっぱりベラスコじゃないとだめだしという感じでいまいちな感じになるかもしれません。それはわかりませんが、日本との再戦と楽しみにしたいと思います。
ちなみにベラスコがアルゼンチンに監督となれば、ワールドリーグでベラスコと再戦と相成りますので、それも楽しみにしたいですね。