Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

セッターマトリクス



セッターのタイプと高さを軸にある程度見たことのあるセッターをマトリクスに配置してみた。
もちろん個人的な所感なので、それはご留意願いたい。そこまで熟考に熟考を重ねたわけではないこともあり、あまり突っ込まれても困ります。
なにも完全に正確なものを作りたいのではなく、やること自体が目的なのだ。


セッターの評価基準は一つではないが、それでも、それぞれのセッターを分類するのはなかなか愉しいこと。
本当はもうすこしいろんな評価軸でやってみたいところであるが、まぁ、二次元では難しい所。


各軸の堅実←→トリッキーは技術に関してではなく、どちらと言えば、トス回しに関して分類した。
基本的にはセオリー通りのトス回しをする選手、意外性の持ったトス回しをする選手とだ。
が、完全にではなくテクニカルかそうでないかという要素も若干入ってしまっている。
これは上手いとか下手ということではない。これはあくまで分類なので、それぞれの順列とはまた別になる。
また高低については、単純な身長ではなく、到達点、ブロックの高さ、強さ等も考慮している。


どういうタイプかということはパッと出てきても、相対的に選手を配置することはいやはやなかなか難しい。
なにも完全に正確なものを作りたいのではなく、やること自体が目的なのだ。


┌───────────┬───────────┐堅実
│ 安田                 │                      │↑
│                      │      菅              ││
│                      │     内山             ││
│                      │  金井                ││
│              近藤    │                      ││
│                      │         大竹         ││
│                  浜崎│                      ││
│           吉田       │                      ││
│                      │         武市         ││
│                      │  山田                ││
├───────────┼───────────┤│
│                      │                井上  ││
│                      │高橋                  ││
│                │   重村               ││
│      山内            │                      ││
│                      │         今村         ││
│              深津    │                      ││
│                      │              阿部    ││
│                 岡本 │                      ││
│   山岡               │         宇佐美       ││
│ 北沢                 │                      │↓
└───────────┴───────────┘トリッキー
低←──────────────────────→高

たとえば、サーブや完全に技術的に技巧派か堅実派かで分類してみてもおもしろいだろう。
また、他のポジションでやってもおもしろいと思う。