読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

バレーボールのTVゲームの歴史をまとめてみる



という記事を書いておきながら、私はどれもやったことがないという・・・
ほかにもいくつか見つかりましたが、主たるものだけまとめました。DOAとかいろんなスポーツが入ったやつとか省きました。

FC『バレーボール』1986 任天堂


FC『U.S.CHAMPIONSHIP V'BALL』1989 任天堂


当時の開発の事を考えたら、ビーチバレーがどれだけ楽だったことか

PCエンジンメガドライブ『スーパーバレーボール』1990 ビデオシステム


ゲームセンターから移植されたスーパーバレーですが、国内版ではどうやら日本リーグが出来るようです。

スーパーファミコン『スーパーバレー?』1992 ビデオシステム


SFC『バレーボール Twin 』1992 トンキンハウス


インドアとビーチのハイブリッドでTwinという類を見ない試み。

スーパーファミコン 『マルチプレイバレーボール』1994 パック・イン・ビデオ


PS『わくわくバレー』1997 アテナ


PS『プリズムコート』1998 富士通パソコンシステムズ

バレーボールの育成シミュレーションという新機軸。当時、サカつくダビスタがちょっと売れたとこもあって、甲子園の育成とかPSでもサッカーの育成とか結構出てた気がします。しかもこれはときメモの要素も入ってるっていう少し手を伸ばしすぎた感もあります。

PS『ブレイクバレー』1999 アクアルージュ


PS2『わくわくバレー2』2006 サクセス


PS2『ヴィーナスエヴォリューション』2007 スパイク


結局、PS2ではほとんどリリースしてなかったんですねー。

Xbox他『アウトローバレーボール』2009 Hypnotix


なんでもアリなゲームなんですけど、いかにも米国製というファンキーな感じがキライではないです。やはりゲームであれば極端に振れているということも必要だと思います。

PS3PlayStation Move スポーツチャンピオン』2010


キネクトでも似たようなゲームがありますが、ここまで来てるのか、という感覚をぬぐえません。





個人的にはリベログランデみたいな、一人称視点のバレーボールゲームをやって見たいところであります。