Stay Foolish

バレーボール(主に男子)をいろんな視点から見ていくブログ

ミスをミスにしない

ミスは誰にでも出る。ミスをミスにしないシステム作りが重要だ。 ベラスコ爺も言っている。 動画を要約すると(設定したら字幕出るよ)、 「アタッカーはセットについて話してはいけない(要求してはいけない)ルールを作った。判断するな、解決しろと。するとど…

世界のバレーボール一家

今日は世界のバレーボール一家を取り上げてみる。 一家と言っても単に親子だけでも一家といえば一家なので、勝手だが親子二代以上にわたり血縁者に3人以上のバレーボール選手がいる、と定義させてもらった。 この定義であれば三兄弟は入らないので、日本で当…

チャレンジシステムの本当に良いところ

昨今の国際大会ではもはや当たり前となってきているビデオ判定チャレンジシステムが今シーズンからVプレミアリーグでも導入された。ビデオ判定システム(チャレンジシステム)の導入について | バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト(chromeだと見にくす…

ペルージャのシルチ会長のキャラクターが強烈な件

ずっと気になっていたんだけど、もう我慢できない。 今日はペルージャの会長、ジーノ・シルチ氏をご紹介したい。 なんといっても今年のペルージャ、本気度が違う。昨季の準優勝がよっぽど悔しかったのか、すごい補強をしてきた。 その目玉はザイツェフ。アタ…

ブラジルキリンのユニフォームが気合い入りまくりな件

どうも。バレーシューズ探偵のほかに、ちょっと変わったバレーユニフォーム評論家も始めたいと思っております。 今日ご紹介する変わったユニフォームは、今シーズンのブラジルキリン・カンピーナス。 ブラジルの100万人都市カンピーナスに本拠地を置く、その…

ツーアタックが決まりやすい時・決まりにくい時

photo by FIVBwww.youtube.comwww.youtube.com ツーアタックが決まりやすい時 ミドルがセッターを横切った時 ブロードやレフト側からのCクイック、ライト側から回り込むクイックにミドルが入る場合、相手ミドルはほんの一瞬、ミドルに気を取られます。 控え…

もし他の惑星でバレーボールしたら

[新版]くらべる図鑑 (小学館の図鑑 NEO+プラス)作者: 加藤由子,小松義夫出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/07/08メディア: 単行本この商品を含むブログを見る小学館のくらべる図鑑に他の惑星で走り高跳びしたらどうなるか、というなかなか面白いトピック…

セルジオに贈る愛

バレーボールにおいて、唯一得点の取れないポジション、リベロ。 その代表キャリア最後のプレーはサービスエースだった。 www.youtube.com 先般のリオ五輪で金メダルを取ったブラジルは、記念試合としてブラジルの異なるサッカースタジアムでポルトガルを相…

私選2016リオ五輪男子ベスト6

photo by FIVB以前、ブラジルに金はないと言い切っただけに、恥を忍んでの投稿となる。 まだ明確にブラジルの勝因をつかめていない。いろいろ振り返ってまた謝罪記事でも書こうと思う。 取り急ぎベスト6。 サイド セルゲイ・テチューヒン(ロシア) バレーボ…

リオ五輪男子バレーボール大混戦A組の進出条件

photo by FIVB4試合を終えて、 - - 勝ち 負け 勝ち点 セット率 最終戦 1 イタリア 4 0 12 6.000 カナダ 2 フランス 2 2 6 1.166 ブラジル 3 カナダ 2 2 6 1.116 イタリア 4 ブラジル 2 2 6 1.000 ブラジル 5 アメリカ 2 2 6 0.875 メキシコ 6 メキシコ 0 4 0…

リオ五輪男子バレーボール出場選手のシューズ調べてみた

またやってしまった。 人生の貴重な時間を浪費して、また愚にもつかない行いをしてしまった。 総所要時間はおよそ8時間。12選手12チームの計144足のシューズと向き合う中、俺は何をしているんだと思うことも一度で二度ではなかった。 数少ない写真と画質のた…

Shoes List of Rio2016 Olympics Men's Volleyball

ARGENTINA 1 Bruno MIZUNO Wave Lightning Z2 MID 4 Ramos MIZUNO Wave Lightning Z2 MID 6 Poglajen Asics Gel Beyond 4MT 7 Conte NIKE Zoom Lebron soldier 10 iD 8 D.Gonzalez Asics Cyber Zero 10 J.Gonzalez Asics Gel Volley Elite 3 MT 11 Sole MIZU…

2016リオ五輪インドアバレーボール男子プレビュー

photo by FIVB開幕まであと10日を切った。 ドーピング問題、キューバの暴行事件などなどバレーボールでもいろいろケチがついている感は否めないが、少なくともバレー界ではオリンピックが最大のイベントであることには変わりはない。 ちょっといくつかトピッ…

2016ワールドリーグ決勝、セルビア-ブラジルのレビュー

photo by FIVB youtu.beセルビアがモンテネグロの独立を経て、「セルビア」になってからちょうど10年目での優勝。世界大会としてはユーゴの2000シドニー以来の2度目の優勝となる。その時のセッター、グルビッチ弟が監督というのも感慨深いものがある。 アタ…

海外バレーの移籍情報をいかにしてチェックするか2016

以前、こんな記事を書いたこともありますが、3年前ですから更新止まっちゃったサイトもありますし、新しいサイトも出てきました。 今回は石川選手の移籍で興味持たれる方もおられるでしょうし、見方なんかも解説していきたいと思います。 1.Volleyball.itの…

石川祐希の行くラティーナってどんなチーム?

By Ayers at it.wikipedia [Public domain], from Wikimedia Commons (写真はラティーナの名所、サンマルコ聖堂)ちょっとバタバタしててキューバの件も書けてないんですけど、やっぱりこっちから書いておきましょう。 http://www.fnn-news.com/news/headline…

結局道具を使うのは人だという話

photo by FIVB いやぁ、このような記事が出た直後に、なかなかうまいタイミングで事件が起こるものです。 新しいテクノロジーがもたらす〝光と影〟(後編) 先週のワールドリーグ、フランス-ベルギー戦で、第4セットフランス10-8が0-8になるというちょっとし…

バーリの薄明りの下で

photo by FIVBワールドリーグが今週から始まっている。FIVBのYoutubeチャンネルで全試合ライブで、しかも後からでも見られる。眠い目をこすって野良ストリーミングをあさっていた数年前なんて遠い昔のように思える。 しかもオリンピックの短縮日程のため、例…

今こそ日本に来てほしい外国人監督7選

今が旬だろうということでちょっと書いてみる。 ほんとはマッカーチョンとかベラスコとかロサノとかも挙げたいところであるが、さすがに実現度があまりに低いものは割愛してみた。 実現度が低いとはいえね、2020五輪には開催国で出場できるというのは各国の…

こだわらないこだわり

photo by FIVB 2016OQTが終わった。 考えたくはなかったが、想定していたパターンではあった。 W杯と同じ戦闘能力であれば、突破できる可能性は高かったであろう。しかし、オリンピック予選というのはいつもと同じ力が発揮できるほどそんなに甘い大会ではな…

2016OQTポーランド戦最後の混乱解説するよ

ポーランド戦。中国戦よりは内容は良かったですが、いかんせんムズムズ。 たらればですが、スタートを福澤君にすることはなかったんじゃないかなぁ、と思う次第です。 まぁ、レビューしてたらきりがないので、最後の方にあったベンチがバタバタしてた部分だ…

リオ五輪世界最終予選全日本男子のシューズ調べてみた

二番煎じですけど、なかなかアクセス数稼げちゃうんで今回もやってみます。 身も蓋もないこといってますけど、前回の記事とくらべてみてもなかなか面白いんじゃないでしょうか。 sputnik0829.hatenadiary.com 1 清水邦弘 ゲルフープv8ワイド 3 永野健 ローテ…

2015/16シーズン各国リーグの決勝動画集めてみた

photo by FIVB いやぁ、集まるもんですね。 5年前なんて、ほぼ見ることはできなかったのに。 私も全部は見てませんが、客の入りとか盛り上がりとか見るだけでもおもしろいかもしれません。 イタリア www.youtube.com イタリアはモデナとペルージャの決勝。レ…

バレーボールのトリックプレー

今日はバレーボールのトリックプレーをいくつか紹介していこうと思います。 とはいえ、トリックプレーの定義というのがなかなか難しいところで、相手を欺くというだけならツーアタックもそうでしょうし、Xプレイなんかも一応トリックプレーでしょうし、一人…

アホみたいに高いミドルブロッカー5選

photo by FIVB アホみたいというのは強調語なので、別にほんとにアホなわけじゃないですからね、その辺は勘違いしないでください。 高いといってもいろいろありますが、今回はアタックの到達点の高さを基準に選んでみました。 ただ単純な数字ではなく、あく…

5人の偉大な監督

photo by FIVB歴史上もっとも偉大な監督は誰か、というのはなかなか難しい問題である。 レベデフ師匠は男子バレーボールの歴史を振り返ると、偉大な監督として、2人の革命家'revolutionaries'と、3人の完成者'perfecters'がいるとしている。 その2人の革…

東洋の魔女のセッターシステム解説するよ

とあるところからリクエストをいただいたので、ちょっと書いてみます。 先週末のバレーボール学会でセッターの歴史でもやったんですかね、東洋の魔女のオフェンスシステムが気になるということで、変則システム評論家のわたくしがちょっと解説してみます。 …

新三大・低身長でも頑張る世界のサイドプレーヤー

photo by FIVB 今日の過去記事をランダムで表示するツイートが小澤選手のことだったので、ふと思いついて書いてみました。 とはいってもね、180台前半なんて日本にはゴロゴロいるので、あまり面白味はないかもしれません やはり170台のスパイカーというのは…

マルキン選手ドーピング問題まとめ

photo by FIVB シャラポワ選手のドーピング問題が話題ですが、バレーボール界でも同様のトピックが話題の中心となっています。 またそれはオリンピックの出場国に関しても、そして日本が最終予選で対戦する相手にも影響を与える可能性があります。 年始に開…

動画でたどるカジースキの歴史

photo by FIVBトレントにレンタルバック(意味違うか)ということでね、取り急ぎこんな記事をまとめてみました。むしろ黒鷲帰ってくるんだという驚きが。 向こうでファイナルまで行ったら、出られないんだけどいいんだろうか。ENGLISH LANG - Play Off, on Thu…